<PC>ウイルスより性質の悪い”ワクチン”。(汗)

昨日、”機動戦士ガンダムSEED DESTINY”を観終った後のニュース番組で、トレンドマイクロのセキュリティソフト”ウイルスバスター”のパターンファイルに不具合が発生し、それが元で企業などのパソコンが正常に作動しなくなったとの旨のニュースを知り、TAKA☆もウイルスバスターを愛好してる上、丁度PCを起動させていた関係もあってすぐさま確認してみた所、丁度起動させたのが夕方だった事もあり、修正されたパターンファイルの方がDLされてたもんで一安心・・・つか、もし問題のあったパターンファイルがDLされてたら僕のPCも正常動作出来てなかった筈なんで、この微妙なタイムラグはラッキーだったな~と思っていた所、その数分後に何と師匠から電話が掛かってきて、何でも奥方のPCが例のパターンファイルで正常動作しなくなったとの事で、師匠夫婦では何ともならないトラブルなもんで、急遽トレンドマイクロのHPで対処法を調べた上で、師匠宅に向かう事になった。

何でも、今回の問題が発生した製品は「ウイルスバスター2004/2005(TAKA☆が使ってるのはコレの2005の方)」、「ウイルスバスター コーポレートエディション」、「Trend Micro Client/Server Security」の3製品。懸案のパターンファイルは”2.594.00”と言うバージョンで、昨日の午前7時33分から9時2分に掛けて配布されていたもの。WindowsXPのService Pack2とWindows Server2003を搭載したPCのみでその問題は発生する様で(ちなみにTAKA☆の環境ではWinXP環境のメインPCより早くに起動していたWinMe搭載のサブPCでは当然ながら不具合は発生して無かった)、この”2.594.00”のパターンファイルを取り込んだ上で再起動を掛けた途端、CPU負荷が100%になり動作が著しく低下する。
このCPU負荷の原因はこのパターンファイル”2.594.00”に新たに搭載された”Ultra Protect”と呼ぶ圧縮形式のファイルを検査する機能にバグが存在してた様で、Windows XP Service Pack2とWindows Server2003のシステムファイルの一部をウイルスバスターがUltra Protect圧縮ファイルとして誤検知してしまう事で無限ループに陥ってしまい、結果としてCPU負荷が増大してしまうワケだ。

何でも、今回の問題のあるパターンファイルはフィリピンにあるラボが一部のテストを省略してしまったと言う、所謂「テスト漏れ」と言うのがトレンドマイクロ側の公式な見解なのだが、昨今のPCにおいてセキュリティの強化が重要になる昨今、今回のパターンファイルのテスト漏れはコンピュータウイルスの様な下手なサイバーテロより性質が悪いでは無いか。下のリンク記事でも「月曜日以降も安心出来ない」なんて書いてるし、セキュリティソフトを作る側がそんなんではウイルスバスターを使う側としては不安が募る。世界中のユーザーにお金を払わせてる以上は、もっと徹底したテストを行い、いつでも安心して使用出来る製品作りを行って頂きたいもんだと切に願いたい。

つか、ウイルスより性質の悪い”ワクチン”ソフトなんて冗談でも笑えんがな!!(爆)

まぁ、それはさておき、師匠宅に到着した後早速症状を確認する為にPCを起動させる。師匠の奥方のPCはPen4の3GHzの入った最近の型の日立製Priusだが、確かに起動はするのだがCPUの使用率がその時点で増大してる為、パワフルなCPU使ってる割に全体的に動きが鈍い上にネットへの接続もままならない。おまけにシャットダウンも当然の事ながら上手くいかない為、やむを得ずハードウェアリセットした後に以下の処置を実行した。

1.PCの電源スイッチ投入後、WindowsXPのロゴ画面が出た直後にF8キーを押してセーフモードを選択して起動する。

2.すると、セーフモードのデスクトップ画面が出てくる為、マイ・コンピュータのアイコンを選択してOSの入ってるCドライブを選択(これはウイルスバスターのインストールドライブやフォルダーによって変わるので注意!)、その後フォルダを[Program Files]→[Trend Micro]→[Virus Buster 2005]の順に開く。

3.[Virus Buster 2005]フォルダ内にあるファイル”lpt$vpn.594”をドラッグ&ドロップでゴミ箱に移す(もしくは右クリックで選択して[削除(D)]を選択する)。

4.その後にPCを通常通りに再起動して、タスクアイコン内の”ウイルスバスター2005”をダブルクリックしてメイン画面を開き、そのまま手動アップデートで最新パターンファイルをDLして作業完了。


<20:23追記>尚、CPU使用率が100%に達してなくて辛うじてウイルスバスターのタスクアイコンが右クリックでタブが開くPCの場合、”リアルタイム検索”をOFFにして再起動した後に手動アップデートでOKとの事。無論、アップデート後はリアルタイム検索をONにするのを忘れずに!!(笑)

まぁ、TAKA☆としてはそんなに難しい作業では無いのだが、それは僕がそれなりにPCスキルのある人間だからで、ここ最近になってPCを始めた方とか、基本操作以外が判らない女性の方とかにとってはセーフモードでの作業はそれなりに難易度が高く、復旧させるのは難しいとされる為、トレンドマイクロでは近日中に一連の復旧作業を簡単にするツールを配布する予定だと言う。

ちなみに、師匠宅のPriusはTAKA☆の一連の作業で快適さを殆ど取り戻したのは言うまでもない。先方にも喜んで頂けたしまぁ出向いて良かったと思う。トレンドマイクロの日本法人では今現在休みを返上してサポート対応してるらしいが、今回ばかりは被害がかなり大きい為に電話だって繋がりにくいだろうし、すぐに復旧させたいユーザーは苦労しそうではある。

なもんで、お急ぎの方は今回の記事が役に立てばと思う。
無論、何が起きようが全て自己責任でね!!(爆)
まぁ、慎重に行えばそんなに難しい作業では無いので、今お悩みの方は自身のPCスキルを向上させるつもりで是非トライして頂きたいと思う。

■トレンドマイクロ公式HP
http://www.trendmicro.co.jp/

■IT Pro Security記事”「ウイルスバスター」のパターン・ファイルに不具合、大規模パソコン障害が発生”
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050423/159997/

■IT Pro Security記事”トレンドマイクロ大規模障害、7時間超の会見も「テスト漏れの原因は不明」”
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050424/159998/

昨日プレイしたゲーム:
天外魔境III NAMIDA(PS2)
沙羅曼蛇(AC)

昨日は久々に沙羅曼蛇をプレイ。未だにプレイし続けても飽きないからある種凄いゲームである。4面最後のクリスタルボムが電源投入後未クリア状態ではどうあがいても出てしまうんで、もっと有効な安全地帯が確かあった筈だよな~とか思いながらネットで検索してみたり。

これでも昔は何周も出来たゲームなんだけどねぇ・・・。(苦笑)

"<PC>ウイルスより性質の悪い”ワクチン”。(汗)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント