<ゲーム>色々詰め合わせ・その3。

まず最初に・・・以前からここのブログにコメント下さった方々へ。多忙に付きなかなかコメントレスが付けられなくて申し訳ありません。まぁ多忙と言うのは免罪符に過ぎないのであまり使いたく無い言葉なんですが、今の会社が繋ぎである以上次の職場に付くまでは就活中とあまり変わらない状態なもんで(最も今の景気悪化のせいで転職活動は全くはかどってないですが(汗))・・・無論後ほどきちんとレスしますんでもうしばらくお待ち下さい。

さて・・・今回は久々にゲームがメインのお話である。まぁ今の安月給では出来るゲームにも限界があるし、実際イクサギアを健吾君に取られてしまった”753(名護サン)”のごとくここ最近のTAKA☆は不幸のドン底にあっただけに(ちなみに昨日放送のキバで名護イクサ復活したけど(笑))ここしばらくは同人ゲーム以外の新作買うのを控えていた状態なワケだが、こんな生活を続けていると何かとやりくり上手になってくると言うか、ちょっとずつでも新作のゲームが買える体裁が整ってきたもんで久々にゲームの記事でも書いてみようと思った次第である。

最も、今の給料では新型PSPとかDSiは買えないのでスルー状態だがね。(滝汗)

まぁ限られた予算で新型の本体買う位なら、ソフトに回した方が何かと充実するってもんだ!どうせ出来るゲームは一緒なんだしね~ってな感じで、購入した内の一部である3本+αをレビューしてみようと思う。ちなみに今回は採点方式としてmixiとかAmazonの評価と同じで最高が★5つまでとさせて頂く。

●その1・CLANNAD(Xbox360)

画像


何を隠そう最初のソフトは以前もPC版とPS2版を紹介した”CLANNAD”のX360版である。このゲームは言わゆるギャルゲー・・・と言うより、最早”人生体験アドベンチャー”と銘打っても良い作品であり、TAKA☆がアニメ版をキッカケに生まれて初めて購入したPCギャルゲー(泣きゲー)でもある。

ゲーム内容に関しては以前紹介した記事を参照して頂くとして・・・このX360版は完全移植に加えてHD画質(1280×720)による高精細グラフィックや5.1chのドルビーデジタル採用で大幅にパワーアップ。何よりTAKA☆の今現在の環境ではドルビーデジタルの対応下に無いので体感はして無いのだが、何でも早苗さんが泣きながら駆け回る様や春原がラクビー部員に引き回されて「ヒイィィィィィ!」って言うシーンが臨場感たっぷりに再現されているのだとか。

・・・いいかも。(爆)

画質に関してはHD環境下では紛れも無く「綺麗」の一言である!PC版の画面解像度では表現し切れなかった背景のリノリウムの床の質感からキャラCGに至るまで細かい部分まできっちり描かれているし、16:9のワイド画面対応で奥行きすら感じるのが凄い。PSPでの移植実績もあるだけに(ちなみにPSP版は購入していない)、元々6:4の画面比率のゲームを違和感無くワイド化出来てる事も特筆モンだと思う。

その上、X360版の最大の特色としてPC版製作元のKey監修のスピンオフストーリー”CLANNAD 光見守る坂道で”がXbox Live!で有料ダウンロード配信される!しかも各ストーリーはネタバレを避ける為かゲーム本編のストーリー進行に合わせてダウンロード出来る仕掛けになっており、それによってクリア後の楽しみが増している点もいい。
実際、TAKA☆自身はX360版のCLANNADは当初は買う気は全く無かったのだが、この要素があると言う理由で購入に踏み切った経緯があったりする。元々”光見守る坂道で”のドラマCDは所有して無いし(と言うか存在すら知らなかった)、なによりX360版では”ごとP”氏が描くキュートな各キャラクターのCGが挿絵に挿入されるのもミソである!有料コンテンツなんで全て購入するとそれなりの金額になるのは難だが、それでもCLANNADの世界観にもっと触れたい人にはピッタリなコンテンツと言えるだろう。

ちなみに個人的には、秋生っちの学生時代の出来事を描いた「特別な夜」が好きだったりする。とある少年とのやり取りや早苗さんとの運命の出会いをハートフルに描いてるのが実にイイ!元よりゲームの方が好きだった方は勿論、アニメから入ってきた人にも必見だと思う。

そんなワケで・・・僕の場合Live!の実績とかスピンオフストーリーが観れれば良いもんで速攻で攻略してしまった次第だが、CLANNADを初めてプレイされる人やギャルゲー食わず嫌いな方は勿論、アニメ版を観てゲームの方に興味を持った方やあまりのボリュームの多さにPC版等を途中で中断した人とかも新鮮な気持ちでプレイ出来る一作。オススメである。

オススメ度:★★★★★


CLANNAD(クラナド)
プロトタイプ
2008-08-28

ユーザレビュー:
なんという泣きゲーい ...
Xbox360版CL ...
プロットは定番の昼ド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




●機動戦士ガンダムOO ガンダムマイスターズ(PS2)

画像


このゲームはPS2版のCLANNAD以来随分久々に購入したPS2のソフトである。機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)のファーストシーズンを忠実に再現とある様に、キャラゲーとしてはかなりの充実度と完成度の高さを誇る。

簡単アクションで軽快に楽しめる上、まるで重力から解き放たれたかの様なサクサクとした操作感と並居る敵を一掃する爽快感はまるでTAKA☆が数少ない”神ゲー(※1)”認定している”ANUBIS(アヌビス)”の様であり、プレイ当初は「ついにガンダムゲーもここまで来たか!」と思ったもんだが、ゲージを溜めて○ボタンで発動するOO(ダブルオー)モードのせいでゲームのテンポそのものが悪くなってるし、それらを繰り返す事で単調なプレイになり易く結果的に飽きが来やすくなってる点があるのは難かも。

後半GN-Xが登場して敵が手強くなっていく中で、頼みのトランザムも後半、しかもピンチの時しか発動しないし・・・。(汗)

最も、条件を満たせば発動するリアルタイムCGムービーの出来は特筆もんで、ガンダム同士の連携攻撃とかは鳥肌モンの出来だったりする。ボリュームも結構あるし選択するMSによってはテレビシリーズでは語られなかったシーンも満載で、グラハム・エーカーやアリーアル・サージェス等の個性的な敵や各キャラクターの名言もゲームに華を添えているし、全体的なゲームの出来はかなり良質の部類に入るんで、アニメ等の原作好きなら★4つ、そうで無いなら★3つが妥当なセンじゃ無いかと思う。

オススメ度:★★★☆☆


機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ
バンダイ
2008-10-16

ユーザレビュー:
ストレス解消!爽快な ...
とにかく単純に面白い ...
微妙自分は原作が好き ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




●マクロスエースフロンティア(PSP)

画像


この前までTAKA☆が個人的にハマッていたアニメに”マクロスFRONTIER(以下マクロスF)”がある。あのマクロスシリーズの最新作である今作はCG処理されたVF-25の戦闘シーンからキャラクターのラブ・ロマンス、作品自身の持つその音楽性に至るまで色々な部分で魅了させられたワケだが、とりあえずそれらがゲーム化されたと言う事でとりあえず買ってみたのがこの”マクロスエースフロンティア”である。

今作はまぁそれに限らず、初代の”超時空要塞マクロス”とか”マクロスプラス”、果ては”マクロス7”に至るまで数多くのマクロスシリーズを網羅した欲張りさんなソフトでもある。(笑)ゲームエンジンはPSPで発売された”ガンダムバトル”シリーズから継承してる様だが、それらのゲームは僕自身ガンダムファンでありながら恥ずかしながらプレイした事が無いので比較してどうこうとは言えない。あくまで客観的な感想だけ述べさせて頂く。

まぁ最も、実はTAKA☆は未だにPS2のマクロスが好きだったりするもんで、その辺を意識してプレイしてしまうと結構違和感バリバリなワケだが・・・ロボットアクションゲームとして捉えてみれば実は結構な良作の部類に入るのでは?と思う。各バルキリーの変形要素もガウォークの特性とかよく考えられているし、ゲームに慣れてしまえばバトロイドやファイター形態も無駄なく生かす事が出来る。使えない形態とかあって変形が偏ってしまいがちな従来のマクロスゲーとは比較にならない完成度の高さだ。

何より、これぞ「板野サーカス」!と言わんがごとくのミサイルの軌道が美しい!PS2のマクロスでもその辺は再現し切れて無かったのでこの辺は特筆すべきかと。

ただ・・・やはりと言うかキャラゲーとしては少々中途半端な面も否めない。各作品を網羅してるせいでそれらのボリュームも少ないし、何よりマクロスゲーとしてはストーリーよりもバトルゲームに特化してる感が何とも。折角の音楽もUMDの容量の関係で肝心な曲がかな~り削られてるし、1コーラスループと言うのもう~ん、ってな感じ。せめてPS3とかX360なんて言わないから、もう少し容量が生かせるPS2とかWiiとかのハードで発売して欲しかったな~と言う気はする。

生かし方次第で名作に化ける可能性があるゲームだけに、今後の発展に期待して★3つと言う所である。

オススメ度:★★★☆☆


マクロスエース フロンティア
バンダイ
2008-10-09

ユーザレビュー:
アクションゲームとし ...
エースコンバットシリ ...
ガンダムバトルシリー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




●番外:Xbox360ハードディスク 120GB

画像


最後はゲームじゃ無く周辺機器になるが、Xbox360120GB HDDである。秋の値下げを受けて大分前から注文していたのがつい最近になってようやく届いたので次いでにレビューしようかと。(笑)

まぁそうは言っても、今の現状では特筆すべき点はあまり無い。結構TAKA☆はXboxLive!のマーケットプレースでソフトを購入してかなりの数をインストールしてるもんで容量的にカツカツだったのもあるのだが、実は120GBのHDDを購入したその真の目的は他にあったりする。実は今までの使用用途のままだったらせいぜい今現在のX360の通常版本体では60GBのHDDが付いてくるし、僕程度の利用だったらそれで事足りる筈である。

だが、今月19日に行われる秋の大幅アップデートで、PS3のゲームと同様にX360でDVD-ROMで発売されているゲームもHDDにインストールする事が可能となる!(爆)

そうなると事情が当然違ってくるワケで、既存のDVDゲームをインストールするとなると60GBでも足りなくなる事が予見される!とまぁそんな感じで、X360の120GB HDDを購入した理由はその辺にある。HDDにインストールすればロード時間が大幅に短縮される上、データのアクセスにX360の騒音の元凶である本体側のDVDドライブを経由しないので(※2)ゲームプレイ時のX360本体の静穏化が可能となる。今まで僕がX360のゲームをあまりプレイしなかった理由の一つがその辺にあるのは言うまでも無く、あまりの騒音に次第にゲームに対するモチベーションが削げていくもんで、結果的に何をしても静かなPS3に逃げていた・・・と言うのもあるが(ちなみに本体の冷却を考慮して設置してある我が家のPS3は”無音”に近い)X360もソレに近いとまでは行かないにしろ騒音元であるDVDドライブのアクセスが減るので、ゲームプレイが阻害されず快適に遊べるのは美点に近いかと。

ちなみに、旧HDDへの移行だが専用ケーブルと移行用のソフトが同梱され、それらを付属のマニュアル通りに接続して移行作業を行う事でウチの環境の場合約1時間程で移行が完了。現状での使用感では付属の20GBのHDDとそう差は無いのだが(新しいHDDの筈なんだけど速くなったって気はしない)、容量的には2GB程度しか残って無かったのが一気に90GB以上にUP!これだけあれば手持ちのソフトをインストールしても十分過ぎる位だろう。

とにかく、今度のアップデートでこそ生かされるX360ユーザーとしては今が旬かつ注目のアイテムに違いない。今月の19日が楽しみである。

オススメ度:未知数


Xbox 360 ハードディスク(120GB)
マイクロソフト
2007-06-07

ユーザレビュー:
アップデートに向けて ...
壊れてしまいました突 ...
ふざけた値段設定定価 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



・・・とまぁ、こんな感じかな?★3つ付いてるソフトでも一昔前だったらもっと評価されても良い位良質なゲームではあるし、CLANNADなんかはギャルゲーなんて括りで判断してはいけない深いストーリー性を持ってるんで興味のある人は是非購入をオススメしたい次第である。

最も、前々からも言ってる様にゲームと言うのはあくまで嗜好品。これを読んでる皆様にはあくまでここに書かれてる事は参考程度に留めて、自分に合うゲームを見極める眼を養って欲しいと常々思う昨今のTAKA☆である。

※1:ちなみに、某動画サイトみたいに誰かれ構わず”神”なんて付けてるワケじゃ無く、TAKA☆の30年近いゲーム暦で名作と称してるゲームは数多くあれど”神”とまで称してるゲームはそれこそものの4本しか存在して無かったりする。アレほどmixiとかで高い評価をしている”空の軌跡”シリーズや、個人的に20年以上プレイしている”沙羅曼蛇”すらそれには含まれていない事から、判定基準がどれ程厳しいか判るというモノかと。
※2:無論ゲームプレイ時にはコピー対策の為に予めゲームディスクをDVDドライブに突っ込んでおく必要があるのは言うまでも無い。


ここ最近プレイしたゲーム:
まいにちいっしょポータブル(PSP)
マクロスエースフロンティア(PSP)
CLANNAD(X360)

どうでも良いが、PS2の”サンダーフォースVI”ってそんなに酷いゲームなの?TAKA☆はX1の頃からのサンダーフォースファンなのだが、あまりの評価の低さに逆に気になってAmazonの購入ボタンを思わず押してしまったぢゃ無いか・・・。(爆)

・・・う~ん、まるでコレクションのつもりで買ったメガドラの”XDR”を買った時以来のこの敗北感は何?(汗)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック