<日記>ケータイの謎レヴォリューション。(笑)

先日新モデルも発表され益々の進化を遂げる昨今のケータイ事情。特にここ近年はワンセグを筆頭に”全部入り”と言わんがごとく一つの携帯に物凄い機能が詰め込まれ、一つの情報端末として発展を遂げているとも言える。
でも、TAKA☆的にケータイと言うのはメールさえ出来ればオールOKであり、今までの機種である”P506ic”さえあれば十分だろ!てな感じで時代の流れに取り残されていた・・・次第であるが、段々そういうワケにはいかなくなってきたのはコレも時代の流れなのだろうか?(何だか後半エル○イムみたいな見出しだな(苦笑))。

話は先月下旬に遡る。今勤めてる会社は夜間警備と言う関係もあって待機時間にはどうしても時間が余る!仕方が無いのでPSPとかDSとか持って来て時間を潰していたのだが、以前上司に注意されてPSPはバレて無いのだがDSは持ち出し禁止になった事と(その上司も暇な時は携帯で遊んでるらしいと言うのも変な話だが(苦笑))、何よりPSPでワンセグを観る分には良いが、勤務で隣町に出向する事もありその際にはPSPはかさばるので持ち出しが出来ないetc・・・と言う事があり、他の暇潰しを思案していたワケだ。

所が、ここ最近になってたまたま僕と同じ機種であるP506icを所有していた同僚の人がワンセグ入りの携帯に買い換えた!で、便利そうにワンセグを使ってるのを見て「コレだ!」と思い至ったワケだ。

最も、その時点で後少ししたら携帯の新機種の発表があるので、「今のこの時点で買い換えるのはどうだろう?」と言う疑問はある。が、こういうのは「欲しい時が買い時」!買うタイミングを図った挙句に良い思いをした事が無いTAKA☆としてはPCのパーツにせよ何にせよ「欲しい時が買い時」だと思ってるし、それで後悔した事なんてあまり無い。男らしくココはサクっと行っちゃいましょ!って事で最寄のドコモショップへ。

で、色々思案した挙句、今の機種が3年目に突入してるのを踏まえて「僕はどうせ一つの機種持ってる期間が長い人間だから、今の時点で最高の機種持ってないと後々になって多分不満が出る」と思いワンセグ機能重点で現時点で最高とも言える機種を選ぶ事に。で、選んだ機種が下の写真(右)である。(ちなみにメインPCが逝っちゃってる関係で写真は無加工なのはご了承頂きたい)。

画像
画像


何とまぁTAKA☆には勿体無いかも知れない”P906i”のメタルカラーである!VIERAケータイの(現時点での)フラッグシップモデルであり、モバイルWスピードによるワンセグの倍速モーション、モバイルPEAKSプロセッサーによるコントラスト比4000:1の高画質を誇り、ダイバーシティ方式の内蔵アンテナは従来のロッドアンテナを目一杯引き伸ばした時の受信感度に匹敵し、よりスマートなワンセグ視聴を可能としている。

画像
画像


何よりこの機種の特徴はこの”ヨコオープン”機能。ヨコ画面に関しては従来の機種でも対応しているが、この機種は上の写真の様に横にも開く事で、より自然なワンセグ視聴やゲームのプレイを可能としている。ちなみにこの機能は前機種であるP905iからの継承であるのだが、P906iではその上で写真下のこんな感じでヨコオープン専用メニューが開く仕掛けになっている。ソフトバンクから登場したAQUOSケータイとはまた違ったインパクトがある。

画像


ワンセグ視聴はまぁこんな感じ。当然普通に縦でも観れるが、ゆったりとワンセグを観る場合は是非こんな感じで楽しみたい。写真では判りかねるが、さすがはVIERAケータイと銘打ってるだけあって画面の大きさこそ今まで使用してきたPSPワンセグには劣るものの画質的には比べ物にならない位高画質である。野球中継とかの動きが激しい場面ではモバイルWスピードの機能は生かされないものの、普通にテレビ放送での視聴とかでは動きが滑らかでかなり驚いた。受信感度も申し分無くPSPでは受信しにくい場所でも安定した受信が可能だし、何より手軽でサッと使えるのがミソだったりする。

そんなワケで当面はワンセグ機能重点で存分に活用していたワケだが・・・この携帯に限らず最近の機種はMP4の動画再生や音楽プレーヤーにも当然ながら対応してるもんで、8GBのMicroSDHCをわざわざこの携帯の為に用意した上で、今まで別々にしていた携帯動画プレーヤーやMP3(WMA)プレーヤー、携帯電話の機能を全てP906iに一元化するつもりでMicroSDHCに色々と詰め込んだ次第である。

で、紆余曲折あってP906iをマルチプレイヤーとして使用出来る様になったのは良かったのだが、携帯のAVOUT端子はどうにも扱い辛く、あまりスマートじゃ無いもんで、急遽こんな機器を入手したワケだ。

画像


Bluetooth機器でありパナソニック製でありながらもドコモ純正として発売されている”ワイヤレスイヤホンセット P02”である。P906iと同時発売された機器だけあって相性が良く一発認識、認識後はイヤホンセット側からワンタッチ操作で携帯をバッグに入れたまま音楽プレーヤーを起動、操作出来るもんで結構便利な上、動画再生やワンセグ視聴にも対応、当然通話にも使えるもんで音楽聴いてる最中に着信があっても対応出来る(以前プリズムとかT10等のMP3プレイヤーを使用してた時は音楽に夢中になって着信スルーなんて事が度々あった)とにかくまぁ純正としてはかなりのスグレモノである。

何よりBluetooth機器でありながら音質がかなり”イイ”!(爆)

圧縮で失われた高音域部を補完するリ・マスター機能によって高音質な再生が可能になったそうだが、実際この音質の良さは「ヤベェ、今までのプレイヤーが使えないかも・・・」と思う程である。最もTAKA☆は上の写真の付属のイヤホンは使用していないし(ちなみに愛用イヤホンはゼンハイザーのMX400)、あくまで主観でしか無いのだが・・・それでも見た目はオモチャっぽいのになかなか侮れないと思う。何よりもコレ程のモンがBluetooth機器としては廉価な6850円で売られてるんだから驚きである。

これによって、携帯での各プレイヤーの一元化が完了。ただ問題を挙げるとすれば、Bluetooth使用時の携帯のバッテリーの減りが極端に早い位か。不必要な機能は極力カットしてるんでワンセグ使用時はそれなりに持つ様になったのだが・・・それでもBluetoothは電気食いであると言う事か。(汗)

まぁその辺をいかに改善していくかは今後の対応次第だろうな。ちなみに、今はこんな感じで使用中。

画像
画像


8GBのSDHC使用なのを良い事に今放送されてるガンダムOOセカンドシーズンをXVIDのMP4にエンコして詰めまくってます!写真では判りづらいが高画質重視でエンコした動画ファイル使用での画質はかな~り高い!でもソレを全話やってしまうとあっと言う間に8GB埋まってしまうんで、エンコのプロファイルの見直しか16GBのSDHCの導入を検討中だったりする(ちなみにH.264では携帯の方に何かと制限がある様なのでスルーの方向で)。

まぁ最も、そうで無くても映画とか結構詰め込めるんで、出先の暇潰しには持って来いである(最も動画も結構な電気食いなんで映画とか観る際には充電アイテムの利用は必須だが)。一昔前じゃ考えられないレベルにまで携帯が進化してるのは単に凄いと言うか何と言うか・・・。

ちなみに・・・この携帯はプリインストールでガンダムゲーも入ってます。
正に今のTAKA☆のケータイはガンダム携帯!(爆)

・・・最も、以前あったソフトバンクの”シャア携帯(リンク先:http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/913shg/)”程じゃ無いがね・・・。(笑)

とにかくそんな感じであるTAKA☆の最新?ケータイ事情。便利になったのは良い事だが、その一方で最近の若者はこんなスゲーアイテムが当たり前の様に手に入る世の中に居るのかと驚愕すら覚える昨今のTAKA☆である。

■NTTドコモ公式/FOMA P906i
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/906i/p906i/

■パナソニック公式/P906i
http://panasonic.jp/mobile/docomo/p906i/

■パナソニック公式/P906i SPECIAL SITE
http://panasonic.jp/mobile/docomo/p906i/special/

■TAKA☆の編集裏日記・記事”続・ケータイの謎”
http://c-dance.at.webry.info/200510/article_16.html

■TAKA☆の編集裏日記・記事”ケータイの謎・リターンズ”
http://c-dance.at.webry.info/200511/article_2.html

ユーザレビュー:
great valu ...
class2です画像 ...
文句なしですSoft ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック