<日記>ターボタイマー装着。

秋である。秋はバイク弄りの季節!だったのがTAKA☆の過去のデフォルトだったワケだが、今は皮肉にも車弄りがメインと化しつつあるのかも知れない。ともかくまぁ今回はそんなお話。(笑)

とかく我が愛車ワークスは皆様もご存知の通りターボ車である!最近のターボ車はどうか知らないが、その昔のターボ車は何かとコンディション管理に気を使うのは当然のお話。ガンガン走った後にすぐさまエンジンOFFなんざとんでも無い話なのでございます。いくらここ近年のターボは頑丈になったとは言え、水冷とかエンジンオイル等の循環系が通ってるのは今も昔も変わらぬワケで、アフターアイドリング等のクールダウンは必要不可欠とも言える!

まぁ、はっきり言ってエコが囁かれている現代においては環境に優しくは無い話だけどね~。(爆)

だが!車なんざ中々買えるワケでは無いド貧乏人のTAKA☆としては環境なんぞよりもまず目の前の車の方を大事にしたいのでございます。ここで奇麗事なんで言う気はさらさら無いっつーか、環境に優しくても懐に優しくないエコなんてTAKA☆から言わせればエコとは呼ばないのである!(断言)

・・・閑話休題。

とまぁ、そんなワケで、最近までは車を走らせた後は必ずアフターアイドリングを行ってからエンジンOFFを行っていたワケだ。貧乏ワークスオーナーのTAKA☆としてはわざわざタービン冷やすのにターボタイマーなんて要らんだろ!てな感じでかねてからターボタイマー等のブツはアウトオブ眼中!だったワケだが、新しい職に就いて環境が変わって来ると車で通勤する機会が増え、場合によっては渋滞に巻き込まれて(かなり時間に余裕を持って出勤してるにも関わらず)職場に着くのが時間ギリギリになってしまった事が何度かあったり、職場の用事で自分の車で出向したりしてる際に時間の関係でなかなかアフターアイドリングをする時間が無かったりして、やむを得ずこのままエンジンOFF、なんて事が増えてきたもんで、そうなるとターボタイマー導入はやむを得ないか?と言った感じで悶々と過ごしていたワケだ。

とりあえず、そんなワケで先日何気にヤフオクで調べてみると、HKSの”ターボタイマー type-0”の新品がお手頃な値段で出品されていた!当然ターボタイマー欲しい病と化していたTAKA☆はすぐさま落札して、ワークスに接続する為の車種別専用ハーネスも一緒にGET!で、昨日届いたのが以下のブツである。

画像


ちなみに・・・一昨日の話だがこのHKSのターボタイマーの新型が発売されたのは言うまでも無い。まぁ旧型になったんで安くヤフオクで売られてたと見るべきか。

まぁ機能は一緒だろうから良いんだけど。(笑)

とにかく、折角買ったんで早速我がMyワークスに装着。ターボタイマーごときに車屋の手を煩わすTAKA☆ではございません。バッテリーの-極を外した後にキーコネクタを外し、専用ハーネスを装着。その後にサイドブレーキのカバーを外してセンサー部の線とターボタイマー付属のグレーの線とをこれまた付属の赤いエレクトロタップで結線して(コレ忘れるとセーフティの関係でターボタイマーが動作しないので注意)、その後にターボタイマー本体を専用ハーネスに接続、そしてサイドブレーキ線とアース線をそれぞれ接続して、一旦バッテリーを繋いでエンジン始動して動作確認した後、各配線を綺麗に纏めて、はい完成!

画像


・・・イグニッションONの「ピー」と言う起動音が何ともシュール。(笑)

試しにマニュアルモードでエンジンを切ってみて、きちんとアフターアイドリングをする事を確認。その際のカウントダウンが何か刑事ドラマの時限爆弾みたいだな~と思ったのはここだけの話。(爆)
とりあえず、オートモードに設定して、エンジンの使用状況に合わせてアフターアイドリングを自動で制御する様にしておく。こうしておくとアフターアイドリングが必要ない状態ではすぐにエンジンが切れるので便利だ。

まぁ、こういうのは人によっては必要無いだろうし、はっきり言って気持ちの問題ではあるのだが・・・折角の絶好調エンジンのワークスだしオイル交換サイクルも含めて大事にしていきたいと思う昨今のTAKA☆である。

ここ最近プレイしたゲーム:
まいにちいっしょ(PS3)
脳を鍛える大人のDSトレーニング(NDS)
いまさら人に聞けない 大人の常識力トレーニングDS(NDS)
英雄伝説 空の軌跡the 3rd(Win)
マジカルバトルアリーナ 魔法少女武道祭(Win)

ここ最近は空の軌跡3rdを再び再開。最終局面なもんで気合が入る。
ただ、このゲーム、クリアまで随分時間掛かってるな・・・。(滝汗)

この記事へのコメント

G忍
2008年09月12日 18:54
おいらの乗ってたMR-2には前のユーザーが付けたターボタイマーがついてたんだけど、
エンジントラブルで大至急エンジンを切らなきゃいけない時、
何故か7セグのLED表示が全て高速でカウントしていてびっくり!
次の瞬間、右から順にピッ!ピッ!ピッ!っと止まっていく・・・
なんとそのターボタイマーには何故かスロットゲームがついており、
操作ミスで起動したらしい・・・
やり場のない怒りを静めるのが大変だったw
2008年11月22日 08:07
G忍さん、こちらでも放置しっ放しで申し訳ありません~。

・・・何故にターボタイマーでスロットゲーム?(汗)
確かに急な時にソレやられると腹立ちますよね~。
そういうのに余計な機能を付けるメーカーの心理が図りかねますな・・・。(苦笑)

僕のワークスも旧車なんでエンジントラブルの可能性も否定出来ず、まぁ昔のはどうか知らないんですが最近のターボタイマーの殆どにはサイドブレーキと連動する為の安全装置が入ってますんで、その結線を利用してその内非常用のターボタイマーOFFスイッチでも作成しようと踏んでみたりして。(笑)

この記事へのトラックバック