<日記>何とか頑張ってます。

先の記事に関しまして、皆様にご心配をお掛けした事を心よりお詫び致します。既に天国に旅立ってしまった我が親友の為にも、気を取り戻して頑張る所存ですのでご安心下さい。

・・・とまぁ、そんなワケで、相変わらず不定期ながらも日記の更新再開、と言った感じである。
と言うのも・・・。

無事職が決まりまして。(爆)

とは言っても今の現状では2ヶ月限定の契約社員で、無論勤務状態が良ければ半年先まで更新、悪ければ2ヶ月後のその時点ですぐにでもクビ切られるような状況ではあるものの、とりあえずは師匠との生前の約束を果たして(とりあえずは)ホッとしてる最中だったりする。

今回決まったお仕事は、何と夜間警備員。とある病院や老人ホーム等を夜間の間異常が無いか巡回するお仕事である。25日~27日の3日間の体験警備実習は無事終了。と言うか、最初の日に教えてくれていた人が突然辞めてしまうと言うアクシデントがあって、人手が足りなくなった所で試験の筈が「なし崩し的」に採用の方向で話が決まった感があったりして・・・。(汗)

おまけに決まったとは言え、収入面では以前の職場より下がってしまったもんで、その以前の職場自体給料が安くて困ってたのに生活出来るのか?と言う漠然とした不安もままあったりして。ワークスと言う新しい相棒だって出来てしまったから維持費だって以前より増えてるし、赤字続きで益々借金増えるんじゃ無いかと言う不安もあったりする。

ただ、僕は声を大にして言いたい。
仕事したくても出来ないよりは何倍もイイ!!(爆)

やっぱねぇ。仕事しないと人間駄目になるよ。まぁ最も以前と違う職種な上、見回りの順路やカギの種類やら深夜・早朝の電話応対etc・・・覚えなければいけない事が多過ぎて自らのキャパシティを超えてしまってる事や、基本的にこの職場で会った方々は親身になって教えて下さって非常に良い方ばかりなものの、唯一会った事が無い人が非常にクセの強い方であるとか、後は周りの期待があまりに大き過ぎる事も踏まえてネガティブな面があまりに多いものの、それも一つの「人生修行」だと思って前向きに頑張るしか無い。

「人生は己との戦い」それが、師匠が僕に示してくれた人生の指標でもあるから。だから、しばらくこの職場で頑張ってみようと思うワケである。

まぁ最も、今の給料の条件では暮らしていけないから、電気代等の毎月の支払いとかで削れる部分は削る必要は出てはくるだろうけどね。(汗)

とにかく、頑張る所存ですので、コレを御覧になってる方々は応援して頂ければ幸いである。

ここ最近プレイしたゲーム:
まいにちいっしょ(PS3)
脳を鍛える大人のDSトレーニング(NDS)
斑鳩(X360)

まぁとにかく、ゲーム関係はこんな感じかな~。(笑)

この記事へのコメント

G忍
2008年05月28日 20:40
何はともあれ、就職おめでとう!
師匠との約束も果たせたようで何よりです。
Gも以前、ガードマンをしておりまして、
日勤、夜勤、守衛、用心警護と色々とやってましたよ。
何か非常に懐かしい気分であります(^-^)

待遇の方はまあ会社それぞれなので、
前職との差はしかたありませんが、いまのご時世
スキルがあっても非常に再就職は厳しいので、
負けずに全力でがんばってくださいね。

一番大切な事は、

自分を必要としてくれる場所がある。
だから自分も全力を持って期待に答える。

それだけの事ですが、とても深い志です。
「P」
2008年05月28日 20:50
出るぞ・・・・(爆
2008年06月14日 15:06
どうも~。お二人共コメントレスが大変遅くなって申し訳ありません~。(汗)
慣れない仕事で大変振り回されっ放しなんですが、お陰様で何とか頑張ってます。

■G忍さんへ
遅ればせながらお祝い頂いてどうもありがとうございます。
G忍さんに師匠を紹介出来なかったのは非常に残念なのですが、僕の周りに「こういう人間が居たんだ」と言う事を少しでも心に留めて頂ければ幸いです。

G忍さんは体格が良いみたいですのでガードマンの職は大いにアリかもですね~。
ウチの場合そんなに本格的でも無いんで(某グループ内で設立されて間もない部署なんで)毎日のように対応がコロコロと変わるのが少々大変だったりもしますが。(苦笑)

>一番大切な事は、

>自分を必要としてくれる場所がある。
>だから自分も全力を持って期待に答える。

>それだけの事ですが、とても深い志です。

そうですね~。今はまだ働き始めたばかりなんで何とも言えませんが、今のこの場所で少しでも必要とされる様に地道に頑張ってみますね!
<下に続きます>
2008年06月14日 15:08
■Pさんへ
>出るぞ・・・・(爆

うわ~いきなりこう来ますか。(笑)
・・・師匠のだったらむしろ出て欲しい気が。(爆)

この記事へのトラックバック