<イラスト>”らき☆すた”のこなた嬢。(笑)

画像<追記・ウェブリブログの新着記事からお越しの皆さんへ:この記事は8月9日に書いたものの、ワケあってUP出来なかった記事ですのであしからずご了承下さい>ここ最近、絵を書く為のネタを求めてあちこちの動画サイトでアニメを観まくっているTAKA☆であるが、何か最近のアニメは”クソ”ばっかりでゲンナリしてる一幕もあったりする。まぁ元々アニメは好きだがオタクと言う程じゃ無いんでオタク偏重の最近のアニメって受け入れがたい部分も多いワケだが、そんな中でTAKA☆的に唯一”光る”アニメがあったワケだ。

そう、それが”らき☆すた”である。(爆)

らき☆すたと言うアニメに関してはよく判らない部分もあるんでウィキぺディアで改めて調べてみたのだが、元々はコンプティークと言う雑誌(TAKA☆にとって最も無縁な雑誌なもんで実はどういう雑誌なのかも正直よく判っていない)の4コマ漫画が原作らしい。普通の女子高生の日常をユル~く描いてるとされているが、アニメを観る限り主人公?のこなた嬢の趣味嗜好と言い普通の女子高生とははるかにかけ離れてる感が・・・。(汗)

しかし、これはこれで面白い!OPだけを観るとあまりにテンション高過ぎで、当初らき☆すたの内容をよく判っていないTAKA☆はこのOPを観て思わず「これはチアリーディングを題材にしたアニメか!?」と誤解した位なのだが、実際に本編を見てみるとまったりとユル~い内容に思わずズッコけてしまった。その位OPと本編の内容のギャップが凄いのなんのって・・・。(笑)

折角なんで、YouTubeにUPされてる動画を貼らせて頂く。興味のある人は是非ご覧頂ければ幸いである。とにかく凄いのなんのって・・・。



ちなみに、このらき☆すたのアニメを製作しているのはあの”涼宮ハルヒの憂鬱”を製作した京都アニメーションらしい。僕的にはハルヒは前述のクソアニメの代表格だと思ってる位なのだが、京都アニメーションの映像技術だけはかなり高く評価してるだけに、このらき☆すたのOPの出来の凄さに思わず納得!だったりもする。

何より、ハルヒのアニメの製作元であると言う地の利を生かして、ハルヒのネタがらき☆すた本編に多数登場するのも特色だったりする。おまけにハルヒの声優がこなた嬢と一緒なのもあって、色々なカップリングネタが展開されたりするもんで、ハルヒを一応観ておくと二倍は楽しめるかな~と言った感はある(ハルヒと言う作品自体が楽しめるかどうかは好みによるが)。

さて・・・前フリが長くなり過ぎたんで本題に移るが、この絵は先日の絵に引き続きリハビリも兼ねて描いてみたらき☆すたに登場する主人公?の泉こなた嬢である。父親の影響でオタクと化してしまった女の子で、常に物事をオタク視点で見てる変な子でもある。(笑)
好きなモノはイラストでも手に持ってるチョココロネ。インドア派でありながら何故か運動神経抜群格闘技経験もあるらしい・・・あり得ないよなぁ・・・。(汗)

この絵に関しては久々にアニメを元に模写したものである。いつも通りのPeintBBS使用で凝った事はあまりしてない。強いて挙げれば、描き方を旧来の下絵を描かない描き方に戻した位かな?まぁでも結構楽しく描けたんで、好評だったら続けてみようと思うのだが如何なものだろうか?

なによりらき☆すたのキャラは描き易いのなんのって・・・。(爆)

でも、その前に残暑見舞い何とかしないとなぁ。折角なんでらき☆すたのキャラで描いてしまおうか?と安易な事を考えてしまう昨今のTAKA☆である。

一昨日と昨日プレイしたゲーム:なし

ちなみに、今回の絵は先週の土曜日の早朝に仕上げた絵だったりする。
何だかなぁ~。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

こなただぁ~♪
2007年08月16日 14:12
お久しぶりっす!「クソアニメの代表作」にはまっている夏海です。(爆)
いや、ハルヒはハルヒで面白いと思うけどなぁ・・・(-。-) ボソッ
あまりにも周りがキャラをいじくりまくりすぎなんだよね。(特にオタ(ry・・・)
ハルヒのストーリーはともかくとして画像のクオリティーは「さすが京アニ!」って思うんだけど。ついでに言えば「ケロロ」とか「しんちゃん」とかその他諸々がチョロっと出てくる辺りがにくい演出ですよね~。
で、TAKA☆さんの「こなたちゃん」アニメとは違って、でも「こなたらしい性格(?)」が良く出てるなぁ~って思います♪ゆるゆる~~って感じ?(笑)
確かにこの手のアニメのイラストを描くのは難しいと思う!まして「京アニクオリティー」何気に恐るべし、ですし。(爆)何でも「ハルヒ」のコンテの際、
「目の着色にめっさこだわって何重にも色を重ね合わせてあの透明感を出した」とか・・・。
・・・ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?あ、アタシもしかして「オタク」になりつつある?!(爆)
夏海
2007年08月16日 14:14
あ・・・名前を入れ忘れますた・・・_| ̄|○ il||li
2007年08月19日 01:04
夏海さん、こちらこそ大変ご無沙汰しております~。
それとちょっと余裕が無かったもんでレス遅くなって申し訳ありません~。

まぁハルヒの好き嫌いは好みの問題ですんで、好きな人に対してとやかく言うつもりは無いんでその辺はご心配無さらずに・・・。(笑)
ただ、僕的にはハルヒと言う作品の作風そのものが一体何を描きたいのか今だに理解不能なのです。朝比奈さんのアレにしても僕みたいな一般視点で観ればただの弱いものイジメにしか見えませんし・・・。(汗)

ただ、京都アニメーションの画像クオリティは確かに凄いです。その辺は記事にも書いてるんですが認めてます。

<下に続きます>
2007年08月19日 01:15
で、絵の方なんですがお褒め頂いてどうもありがとうございます~。
「TAKA☆の従来のタッチでらき☆すたを描くとどうなるか?」と言うチャレンジも少しはあったもんで、実際に描いてみるとまぁ面白い感じに仕上がったかな~と。好評でしたら次はかがみ嬢でも描こうかな~。(笑)

>・・・ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?あ、アタシもしかして「オタク」になりつつある?!(爆)

いえいえ、オタクでも結構だと思いますよ~。
僕は僕自身がアニメオタクじゃ無いと豪語してるだけで(どちらかと言うとPCオタクだと思う(笑))、オタクと言う言葉には特に嫌悪感とかありませんし、むしろ最近は一つの文化と化してますしねぇ。

目の彩色・・・に関しては僕はイラスト描く際にまず一番に拘ってますんで、ハルヒがその辺に拘り入ってるのには妙に納得だったりします(OPの一場面にその辺を強調してるビジュアルも入ってますし)。

この記事へのトラックバック