<PC>まさか!の”Core2Duo”導入計画開始。

<追記・ウェブリブログの新着記事からお越しの皆さんへ:この記事は7月22日に書いたものの、ワケあってUP出来なかった記事ですのであしからずご了承下さい>実は、今お金があまり使えないから今年のPCのアップグレードはワケあって自粛しようと思ってた昨今のTAKA☆であるが、物欲がそれを許さなかったと言うのもあるが、何よりWin2000になって以来何故かサブPC”ギガストーム”でエンコする機会が増えてきてて、シングルコアのCPUでは不満が出始めている事や、今のリアルでの現状を踏まえて多分今回を逃せばしばらくはPC弄れないかも知れないから、それだったら後もう一回位PC弄りしても良いかなと思い、改めて計画を練ってみる事に。予算は4万円。コレ以上は手元にお金を残しておきたい関係で使えない。となると、今以上のアップグレードを施そうにも限りは出てくる。

で、改めて導入しようと思ったのが前述の”Athlon64 X2”の6000+。当初はメインPC”rain零号機”に6000+を導入して、余った4200+をサブPC”ギガストーム”に回す計画だったのだが、メインPCのケースでは100W以上のTDPによる熱問題も出てくるだろうから、後でメインPCに昇格させる予定のサブPCのケースだったら熱問題はクリア出来るのでソレで導入するのもいい。そんなワケで、当初はこういう構成を考えていた。

CPU:AMD Athlon64 6000+ (3GHz/1MBx2 L2)
MEM:PC800 DDR2 SDRAM 1GB×2(TOTAL 2GB)
M/B:ASRock AM2NF3-VSTA

VGA:玄人志向 RD98PRO-A128GOLD(ATI RADEON9800Pro 128MB)
Sound:CLEATIVE Sound Blaster Live! 5.1
HDD/Master:HGST HDT722516DLAT80(160GB ATA133)
HDD/Slave:Seagate Seagate Barracuda 7200.7 (120GB ATA100)
Power:SILENT KING-4 LW-6550H-4 (550W)
OS:Windows2000 Professional Service Pack 4


今回のアップグレードに関しては、出来るだけ既存環境を生かす方向で検討する予定だった・・・のだが、この方向では確実に予算オーバーになってしまう。CPUは約2万円でカタは付くとしても、そうなるとAM2環境ではメモリも新調しなければいけないし(メモリの容量を削っても良いが後々の事を考えると中途半端な容量のメモリは買えないので1GB×2が理想だと思う)、マザーはまぁAM2系の”変態マザー(ちなみに変態マザーの意味に関しては長くなるんで割愛。分からない人はググって頂ければ幸いである。)と呼ばれるASRock製の”AM2NF3-VSTA”を導入出来ればAGPのグラボはそのまま使い回せるし、何より7~8千円台と値段が安いもんで(その代わりコンデンサの質がイマイチなのだが、まぁTAKA☆はちょくちょく環境更新してるしこの手のマザーは2年持てば良いので問題にもならないと思う)、うまくやれば何とか予算内に収まるかな~と踏んでいたのだが、コレをやるとするとまず壁にぶち当たる事が発覚してしまう。

コアなPCユーザーだったらある程度見当が付くかも知れない。
そう、電源である。(汗)

今使ってる電源は静王こと”SILENT KING-4”550W。今のAthlon64 3800+(Venice)の環境であれば問題にもならないし、電源容量的には当然6000+でも対応は可能・・・な筈なのだが、実はギガストームに使用してるケースのファンの数自体が合計6個と半端では無く、それらを合わせると容量オーバーになる可能性が浮上してきた事と、何より静王はどちらかと言うと安物電源の類であり、思ったより結構使える電源ではあるものの、高負荷時の安定性に関してはあちこちのサイトで疑問視されてるのもあって、それらのアップグレードを実行するにはまず電源を換装しなければいけないと言う結論に至る。

だが、当然ながらその予算は無い!!(爆)

そんなワケで、計画そのものを見直す事に。今の環境を生かしつつアップグレードするにはどうするか。当然ながら、Athlon64 X2に関しては6000+以外の選択肢は僕の中には無い。値段が値段だし中途半端に妥協するのであれば導入しない方が良いと思うからだ。

となると、メイン/サブの常用PCとしては初のIntel導入か!?Core2 Duo(以下C2D)IPCの高さには定評があるし、何より発売から1年が経ちつつある今ではいい感じに枯れてきているもんで安定性も折り紙つきだ。何より、G忍さんが先日C2DのE6450を導入されたのもあってその辺も刺激になってるのもあるし、C2Dだったら同性能のAMD系より一見割高になるけど変態マザーとの組み合わせでDDR&AGPの組み合わせも可能であり、つまりは総合的には安く上がる筈なんで、こうなったらC2Dかな?だけど地元でASRockの”ConRoe865PE”みたいな変態マザーなんて早々見つからないしな~と思っていた所、ウチの近所のPCショップで中古ではあるのだが偶然こういうブツを発見!即GETとなったワケだ。

画像


画像


ASUS製の変態マザー”P5VDC-MX”である。既に発売中止になって市場から消えてるブツではあるのだが、下の写真をご覧頂ければ判る様にそのリビジョンは2.0。無論C2D対応確認済みである。チップセットはVIA P4M800 Pro&VIA VT8251チップセットでデュアルチャンネルに対応してないもののAGPやDDRメモリ導入も可能な上、DDR2メモリも使えるしSATA2にも対応。で、お値段は6480円。や・・・安い。(笑)

画像


箱から出したらこんな感じ。中古品だが程度は良好。格安なシロモノなんで付属品なんかもソコソコなのは以前購入したギガの”K8VM800M”と同様なのだが、こちらはニチコンの固体電解コンデンサが入ってるもんで品質自体は半端じゃない!

しかしシングルチャンネルなんで性能はそれなりだがね。(汗)

後はVistaに未対応と言う問題もあるが(多分発売中止になったのはその辺の影響もあると思う)Win2000/XPに導入する分には安定性には定評がある。問題点を挙げるとすればMicroATXマザーである事位か。一応サブPCでも使えない事は無いけど、このマザーはサブPCと言うより、3rdPCに使いたいマザーだよなぁ。

そんなワケで、3rdPC環境刷新計画に急遽予定変更!!(爆)

・・・とまぁ、そんなワケで、このマザーを手に入れた当日に何と対応CPUもGETしたのであった。

画像


何と夢のC2D!!E6600(2.4GHz)である。お値段は26980円也。実は前のマザーも合わせコレを購入したのは昨日(21日)であり、今日7月22日はFSB1333のC2D解禁に伴い価格改定が行われたばかりなのだが、FSB1066版C2Dに関しての価格改定は今回は行われなかった上、何よりFSB1333の環境を揃える予算は無いし、何より折角買ったマザーに対応しなければ意味が無いのでFSB1066版を購入した次第である。

とは言え、ウチの近所のPCショップでは事前から予めFSB1333版の予価が提示されていた上、FSB1066版に関してはそれに合わせた価格に引き下げられていた為、結局はお買い得感が増していたりする。実際何処の店に行っても3万円近くだった事を考えるとねぇ・・・。(苦笑)

で、今回購入したE6600のsSpec Numberは”SL9ZL”。このナンバーのOC耐性は弱いそうだが今回はOCの予定は無いので問題は無い。とは言え、使用するチップセットにも依存するけどFSB1333の設定で軽く3GHzで回ってしまうらしいけどね。う~ん、後々良いマザー買ったらかなり遊べそうだよなぁ・・・。(笑)

ちなみに・・・今までのTAKA☆の自作の傾向から「へっ!?TAKA☆ってAMD派じゃ無かったの?」と思われてる方も多いと思うが、僕自身はそれ程拘りをもってCPUを選択してるワケでは無い。実際どちらかと言えば非主流派ではあるし、mixiでもAMD系のコミュを運営してる程なもんで実際好んでAMDを選択してた節はあるが、実際の所はクロックよりIPCとコストパフォーマンスを重視するTAKA☆にとっては「色々な意味で無駄の多いネットバースト系のCPUが嫌い」なもんで、前世代のIntelのCPUは選べなかったと言う経緯も実はあったりする。

あ、言うまでも無く以前から散々言ってる事だが、好みなんて人それぞれなんで人様がネットバースト系のCPU所有してる分には別に何とも思わないけどね。(笑)

だが、C2Dの登場でAMD系に拘る意味が無くなってしまった。いや、非主流派としてはAMDは未だに愛してやまないメーカーだし、実際AMDの躍進が無ければC2DやC2Qと言う高性能CPUは生まれなかったのも事実。IntelとAMD、この2社が絶妙なライバル関係にあるからこそ競争原理でよりよい製品が生まれるワケで、そういう意味で我々ユーザーが良い製品を安く手に入れる為にはこの関係はむしろ無くてはならない大事なものであると思う。

だから、TAKA☆がC2Dを手にしたのはむしろ「必然」であると考える。拘るのも大事だが、何より大事なのは「時流に則ったCPUを選ぶ」事にあるし、AMD好きだからってそればかりに縛られ過ぎると自身の視野をも狭めてしまう事にもなりかねない。色々触ってみるからこそモノに対する理解も出来るし、当然中立的な立場で正当な評価も出来ると言うワケだ。TAKA☆がゲームとかで信条としてる「食わず嫌いは良くない」と言うのは、そう言う意味もある。

だから一度は嫌いなネットバースト系のCPUも手にしたワケだけどね~。(笑)

まぁとにかく・・・そんなワケで、これが今回の暫定スペックである。

●rain2 IntelEdition Spec-B(予定)
CPU:Intel Core2 Duo E6600(FSB1066/2.4GHz/Conroe)
MEM:Corsair PC3200 DDR SDRAM 1GB & 512MB(1.5GB)
M/B:ASUS P5VDC-MX Rev.2.0
VGA:玄人志向 GF7600GS-A256H(nVIDIA GeForce7600GS 256MB)
Sound:AOpen AW-850(6ch)
HDD1:HGST HDS721616PLA380(160GB SATA II 7600rpm)
HDD2:SAMSUNG SP2504C(250GB SATA II 7600rpm)
Power:Seasonic SS-430HB(430W)
OS:WindowsXP Home Edition Service Pack 2


とりあえず、予定としてはこんな感じか。C2Dの発熱ならば今の3rdPCのケースでも十分対応出来るし、ソフトぶち込めばただのゲームPC用途だけでは無くエンコでも十分に使える。今のサブPCの環境弄るのは次の”Phenom”にでも回せば良いしねぇ。(笑)

まぁそんなワケで、結局はIntelの野望に乗っかってしまった感のある今回の計画。果たしてどうなるのか乞うご期待!!なんて、誰も期待してないか。(笑)

■ASUS”P5VDC-MX”
http://www.asus.co.jp/products4.aspx?l1=3&l2=11&l3=0&model=814&modelmenu=1

株式会社ユニティ 製品情報 ”P5VDC-MX R2.0”
http://www.unitycorp.co.jp/backup_unity/products/775/detail/p5vdc-mx_r2/p5vdc-mx_r2.html

■インテル® Core™2 Duo プロセッサーの特徴
http://www.intel.co.jp/jp/personal/products/core2duo/index.htm

一昨日と昨日プレイしたゲーム:なし

・・・そう言えばここ二日は殆どゲームしてないな・・・。(汗)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

G忍
2007年08月10日 11:30
責任の一端を担うGですw
で、あんばいはどーお?
2007年08月10日 19:42
G忍さん、毎度です~。(笑)
まぁ、刺激になったのは確かなんですが計画自体はそれより以前にあったのでお気になさらずに。
C2D導入に関してはE6600が2万円台に下がったらを前提として考えてた節もあるんですよ、実は。

それと、実はもう既にギガストームのC2Dへの環境移行完了してまして、今コレを入力してるのはそのPCからだったりします。(笑)
今の所調子は良好ですし、何より速いのなんのって・・・詳しくは後日更新予定の記事で書かせて頂きますんでお楽しみに~。

この記事へのトラックバック