<ゲーム>Wii”カドゥケウスZ 2つの超執刀”。

画像<追記・ウェブリブログの新着記事からお越しの皆さんへ:この記事は12月24日に書いたものの、ワケあってUP出来なかった記事ですのであしからずご了承下さい>クリスマスイブである今日、何気にPS3の”グランツーリスモHDコンセプト”をプレイしていた所宅急便で先日注文していたWiiのソフトが届いた。まぁさすがに購入したソフトが”はじめてのWii”だけだと結構寂しかったのもあるし(対するPS3はリッジレーサー7とグランツーリスモHDだけでお腹一杯だったりするが(笑))、その上ゲームキューブ(以下GC)のソフトなんてローンチの時点で購入した2本しか無く、存分にWiiのGC互換を生かせない土壌でもあるんで(実はWii購入になかなか踏み切れなかった理由はその辺もある)、Wiiの特徴である”体動かし系”のソフトだけでは無く、ガッツリとプレイ出来るタイプのソフトも欲しい!と思ったワケだ。

そんなワケで、自分へのクリスマスプレゼントとして選んだソフトは”カドゥケウスZ 二つの超執刀”と言うタイトル。以前DSのソフトレビューの時もローンチで最初に選んだのは”研修医 天堂独太”と言う医者のゲームだっただけに、今回の初のWiiレビューに関しても医者ゲーと言うのは何となく不思議な運命を感じずにはいられない。(笑)

実はTAKA☆は知らなかったのだが、このゲームは去年DSで発売された”超執刀 カドゥケウス”と言うゲームをWiiリモコンの操作性に合わせて大幅にリメイクした作品らしい。DSのカドゥケウスではペンを使用して手術するゲームなのだが、Wiiはペンの代わりにWiiリモコン&ヌンチャクスタイルを使用して手術を行う。これだけでもかなり奇抜なゲームでもある。

まぁとにかく、早速買ったばかりのWiiに突っ込んでみる。OPムービーの重厚なBGMとその演出が良い感じ。基本は拡張版GCとは言え、Wiiの動画品質はなかなかのものだな~と改めて実感させられる。こうなるとやはり、最初からDVDビデオに対応して欲しかった気がする。(苦笑)

それはさておき、その後早速プレイ開始。最初は主人公”月森孝介”が勤める北崎医院から物語はスタートする。外科医としてはまだペーペーである彼は、指導医である”沓掛真一”に促されて患者の手術を行う内に、内に秘められた”超執刀”の能力に目覚め始め、後に謎の病原体”ギルス”を抱える患者に出会った事をキッカケに運命の流れに巻き込まれる事になるワケだ。

基本的に近未来の話と言う関係もあって、手術とは言っても医療とか判らない一般的なプレイヤーでも判る様に上手くデフォルメされてると思う。同じ医療モノでも”研修医 天堂独太”よりは判りやすくレクチャーしてくれるし、演出や手術の進行のさせ方が実に巧妙で、プレイヤーを上手くこの世界に引き込む事に成功してると思う。

で、最初の手術と二番目の手術でチュートリアル的にほんの基本的な事を学ぶワケだが、何より感心させられたのはそのWiiリモコンの操作性。このゲームは”手術を行う”と言うその性質上とてもソフトタッチな操作が要求されるワケだが、プレイヤーの細かい操作にもきちんと追従、Wiiリモコンの絶妙なクリック感も相まってまるで触れてもないのに画面に触ってる様なダイレクトな操作感を味わえる。

個人的には、ピンセットを使うのにAボタンとBボタンを同時に”つまむ”と言う操作にまず感心させられた。まるで本当にピンセットを使ってる様な体感性が実にいい。
その上、多分Wii版のみのオリジナル動作になるのだろうが、Wiiリモコンを”捻る”と言う操作が取り入れられてる事もポイントか。ただ現状ではこの概念が取り入れられてる手術は以外と少ないのは残念ではある。

ただ、それを除いても現状ではWiiリモコンの操作性をフルに生かした数少ない一本である事は間違いない。ヌンチャク・スタイルでのアナログスティックで手術器具を切り替える操作も絶妙で、ゲームに慣れればアイコンを見なくてもスムーズに器具を切り替える事も出来るし、特に特異な病原体である”ギルス”相手にはいかに素早く器具を切り替える事が出来るかに掛かってると言っても過言では無いんで、この操作感はさすがとしか言いようが無い。

正に、Wiiリモコンの新たな可能性を示した一本ともいえる。Wiiのローンチ時点のソフトでまさかここまで素晴らしいソフトが遊べるとは思いもしなかった。ローンチでここまでレベルの高い作品を提供出来ると言う意味でもGC互換のWiiと言うハードの利点を上手く生かしてると思う。

まぁ難点を挙げれば・・・Wiiになって容量が増えてるんだからせめてフルボイスにして欲しかったかな~と思う位か。それが出来れば臨場感は更に増したと思うだけに残念だが、ローンチのソフトで製作コストはあまり掛けられない事を考えればこれは仕方が無い事だと思うし、ゲームのボリューム自体はかなりありそうなんで長く遊べそうな点を踏まえるとこれは欠点の内には入らないと思う。

個人的に、GBAの”逆転裁判”をプレイして以来の衝撃。
買って損無しの珠玉の一本!12歳以上対象の方のみ限定ではあるが、Wiiでガッツリ遊べるソフトが欲しい人には是非ともこの一本をオススメしたい昨今のTAKA☆である。

■Wii”カドゥケウスZ 2つの超執刀”公式サイト
http://www.atlus.co.jp/cs/game/wii/caduceus_z/

■NDS”超執刀カドゥケウス”公式サイト
http://www.atlus.co.jp/cs/game/ds/kad/

一昨日プレイしたゲーム:
はじめてのWii(Wii)

昨日プレイしたゲーム:
はじめてのWii(Wii)
イース・オリジン(Win)
リッジレーサー7(PS3)

今日はカドゥケウスZだけど昨日まではまぁこんな感じか。(笑)

カドゥケウス 2つの超執刀
カドゥケウスZ 2つの超執刀 - Wii

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カドゥケウスZ 2つの超執刀

    Excerpt: 超執刀カドゥケウスはSF外科手術アクションゲーム。 カドゥケウスZ 2つの超執刀の主人公は月森孝介。せやけど今回のWii用ソフト『カドゥケウスZ 2つの... Weblog: ゲームが趣味のゲームが趣味によるゲームが趣味の為のブログ racked: 2007-01-25 14:44