TAKA☆の編集裏日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS <連絡事項>”ネチケット”を学ぼう。

<<   作成日時 : 2005/11/10 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

先頃から、ここの記事のコメント欄を荒らす輩が登場していたもんで、昨日はピシャリと一刀両断した。その犯行は至極単純明快。記事に関する真っ当なコメントを残す一方で、HN(ハンドルネーム)をコロコロ変えて意味不明な記号を並べるわ、不快なコメントを書くわ、赤の他人を偽って同意のコメントを書くわで・・・それらのコメントに関しては一括削除した上で、「自作自演だろ」と書き残してみた所、相手は反省するどころかとても白々しいシラを切ったもんで(大体、「自作自演」とこちらが書いてそういう白々しい反応をする事自体、犯行を認めてるのと同じである)止むを得ずその方には今後一切のコメントを禁止させて頂いた次第である。

当然、ちゃんとした”根拠”が無ければわざわざ追い出したりするワケが無い
こちらはきちんと確認を取った上で、判断を下したに他ならない。

一応、ウチのサイトやここのブログも例外なく他のサイト様やブログ等と同じ様に、ネットの初心者並びにお子様がお越しになる事は当然あるので、その方向けに判りやすく説明させて頂くが、ブログのコメント欄やトラックバック、その他に掲示板のカキコ等を行った場合、それらを行ったゲストの知らない所で必ず”足跡”が残る様になっていて、管理者はそれを管理ページやログ等で逐一確認する事が出来る。

ここまで書くと勘のいい人は察しが付くかも知れないが、その”足跡”と言うのは基本的に、例えばPC1台に対し、それぞれに決まったモノが割り当てられる。まぁ具体的には、接続した回線によって変動するのもあれば、一定に「固定」されたものもあって様々なワケだが、基本的な「根っこ」の部分は変わる事は無く、さすがに法に触れる様な正当な理由でも無い限り”個人情報保護法案”が成立した今現在においては各個人の情報まで調べる事は出来ないものの、同じPCから発信されたかどうか位は個人でも十分に確認が出来るのである。

具体的にその”足跡”がどんなものなのかは、こちらではあえて触れないし、初心者の方で興味のある方はネットで検索して調べて頂きたい。最も、それらを十分に調べて、理解が出来るレベルであれば既にネットの初心者を脱してる筈だし、ネットマナー、まぁ所謂”ネチケット”についてもある程度の理解は出来ている筈である。
それに、僕はネットの上級者なのかどうかは自分でも図りかねる所はあるが、少なくとも経験値においてはついこの間ネットし始めた人間とは比べ物にならない位あり、こう見えてもサイトの運営暦においてもかなり長い部類に入る。当然、長い間こういう事をやっているとカキコされた方の文章等の独特の「クセ」をも容易に見抜けるし、それだけでも「自作自演」を見抜く事はワケは無いのである(その上で、”足跡”を確認して今回の一件が明らかになったワケだ)。

ネットは匿名性が高いと”履き違えてる”人は未だに数多いのもまた事実。
だから「イタズラしてもバレないだろう」と思って荒らしをする人間は後を絶たないワケで、これはもう今のインターネット時代が始まってまだ若い事の証明でもある。言い換えればアレだ、明治初期に鉄道が開通した当時、列車に乗るのに駅のホームから靴脱いで上がって、目的地についてさぁ降りようと思ったら靴が無かったと言う、今の人間から見ればいかにもマヌケな話。

そう、ネットの「荒らし」と言うのはそんな「マヌケな話」と全く同レベルの行為なんだと、ここでは公言しておきたい。当然、鉄道並に今のネット社会が発展した未来の自分の子孫達に「マヌケな事やってたんだな〜」とか思われるのがオチだし、こうなると今を生きる人間の一人である僕としては実に情けない話である。

・・・ちょっと話が脱線してしまったが(苦笑)、まぁとにかくこちらとしては本当ならばこのブログにお越しになるお客様に関しては親切に接したいのだが、今回ばかりは健全性を維持する上でもこう言った「ネチケットが出来ていない人」を野放しにするワケには行かなかったし、今後はその方にもちゃんとした”ネチケット”を学んで欲しいと、切に願うのである。

そんなワケで、この下に”ネチケット”について学ぶ事が出来るリンク先を貼らせて頂く。

■ディズニー・公式サイト”ネチケットを学ぼう”
http://www.disney.co.jp/netiquette/

■小学館少年誌HP・ネットくん”インターネットのルールとマナー”
http://www.netkun.com/manners/

子供はおろか、大人でも判り易くネチケットを学べると思うサイトを選んでみたのだが如何だろうか?
まぁ子供も大人もネチケットの基本は全く同じだから、大人の方でも初心者だと思われる方は是非観て頂く事をオススメする。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも久々です・・・

> ネチケット
そうですね、ある意味幼稚な行為であり、履き違えは自己を隠匿しているのではなく己の幼稚さを露呈しているのであり、得てして本人は気付いていない・・・
怖いのは最初は「悪意?」が無くても無意識のうちに泥沼に溺れてしまう輩・・・・・
ソレに関してはもう何を言っても仕方が無いし哀れみすら感じてしまう・・・・

「P」
2005/11/11 12:23

私が逆に恐れているのは・・・
「荒らし」に対する対応/対処法を身につけていない方々の方である。
一億総プチオーナーの世界になってしまった電脳世界・・・
攻撃?される側も可哀相ではあるが対応如何によっては自分もその泥沼に引き摺り込まれる可能性がある訳で、ソォいうのを見てしまうと共に哀れである。

TAKA☆の様に対応/対処できる人が多いか?と問われれば「否」と答えざるをえないし、幼稚なモノは幼稚な所に集まる・・・・
攻撃をかける側はもちろん幼稚なのだが、初心者と言う幼稚(コレは悪い意味ではない)なモノも自己憐憫に陥る事無く日々学んでいかなければならないのではなかろうか・・・・・
「P」
2005/11/11 12:24

いつもと口調が違いますけど、間違いなく「P」ですよん!!!
身近な人(ネット上でね)が幾度となく嫌な思いをしているのを何度も見かけているので(複数人)意見してしまいましてん・・・

連投禁止じゃなくて助かった・・・(笑
「P」
2005/11/11 12:25
ペコリ(o_ _)o)) よくよく勉強させて頂きます。お二人様、有難うございました〜。うんうん、本当そうよね。
トトロまま
2005/11/11 18:50
お二人共、親身なコメントどうもです〜。
まぁ一連の事があってから結構嫌な気分で過ごしてた次第ですが、こうしてきちんと受け止めて下さる方々も居らっしゃる以上、もっと自身もしっかりせんとな〜と我ながら思う次第です。はい。(笑)

とにかく、サイトの一管理人&盟友として共感を下さった事で多少なりとも身も心も軽くなった気がします。
本当に、ありがとうございます〜。

ネットでも一般社会でも、共通して言える事はただ一つ「自分がされて嫌な事は極力しない」これに尽きるのです。
まぁ、ああやって荒らす輩からすれば、サイトの管理人がされて嫌な事なんて図りかねるとは思うのですが(苦笑)、少なくとも、自分の家の壁に落書きされて気持ちのいい人なんて居ないと思うし、それと同じだと言えばまぁ判るかな〜と。(汗)

う〜ん、よく判らないコメントになってしまいましたね。(苦笑)
<下に続きます>
TAKA☆
2005/11/11 20:05
>私が逆に恐れているのは・・・
「荒らし」に対する対応/対処法を身につけていない方々の方である。

例外なく、僕の今回の対応も実は正しいとは言えません。年端も行かない子供相手ならともかく、実は子供のフリをした”愉快犯”の可能性だって否定は出来ないし、もしそうであればここの記事自体、「荒らしに乗せられた」とも言えるワケで、本来ならば削除だけして「一切相手をしない」のが正しい選択と言えるんです。

ですが、今回ばかりはあえて「乗せられました」。(笑)

ただの子供だったとしても愉快犯だったとしても、こちらの「本気」を示さなければ、言いたい事は決して相手には伝わらないと思うんです。

そして、それを踏まえた上でそれでも荒らす輩には厳格な対処を示す!まぁこれは僕自身の”決意表明”みたいなもんです。

最近、検索サイトから飛んで来る方達が多いせいか特定の記事のアクセス数が極端に多くなってきてますし、こちらで扱ってる記事の内容自体「子供向け」が多い事から、とりあえず近日中にコメント欄に関する「ルールブック」的なものを作成する予定です。
<下に続きます>
TAKA☆
2005/11/11 21:01
まぁこれは、ここのブログ特定のモノじゃ無く、その他のサイト様にも有効な「マナー」をここに初めてお越しのゲストさんに身に付けて頂く為のモノにする予定です。

ネットと言うのは、やはり皆が一様に「気持ち良く使えるのが一番」だと、奇麗事では無く少なくとも僕自身はそう思ってますし、実は僕自身、ネット初心者の頃に図らずも「加害者」になってしまった事があり、その時の苦い経験から、これからここにお越しの皆様には僕と同じ思いを味あわせたくないと言うのもありますので・・。

何か、極端に「いい人」な文章書いちゃったもんで何だか気恥ずかしい限りなのですが・・・まぁ、TAKA☆自身は争いごとは好まない「平和主義者」ですし、まぁ必要であれば今回の様に「一刀両断」しますけど、出来ればこんなツマラナイ事で荒れたくは無いですし、不愉快な思いをしたくないのは誰だって同じだと言う事を、これからお越しの皆様には肝に銘じて貰いたいと、切に願うのであります。ではでは。
TAKA☆
2005/11/11 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
<連絡事項>”ネチケット”を学ぼう。 TAKA☆の編集裏日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる